相続専門 税理士仁科忠二郎

相続相談・相続セミナー・相続税申告、大田区・蒲田・東京での相続のことなら一般社団法人日本相続アドバイザーズ協会

〒144-0053
東京都大田区蒲田本町2-4-2
アクシード蒲田本町5F

営業時間:土日曜祝日を除く9~18時

法務(相続の生前対策)

・遺言書 死因贈与

遺産分割を円滑に行うためには遺言書の作成が有効です。遺言書がないと相続の際に遺産分割協議が必要となり、「争続」となる可能性があります。

・遺留分の対策

遺留分の減殺請求がなされた場合、裁判で争ってもほぼ勝ち目はありません。

  1. 生前に遺留分を放棄してもらうことにより、被相続人は遺言どおりの相続が可能となります。
  2. 生命保険を活用することにより、死亡生命保険金を遺留分算定の基礎財産から外すことが可能です。
  3. 養子縁組を増やすことによって、遺留分の減殺請求額自体を減少させることが可能です。
icon_f icon_t