相続専門 税理士仁科忠二郎

相続相談・相続セミナー・相続税申告、大田区・蒲田・東京での相続のことなら一般社団法人日本相続アドバイザーズ協会

〒144-0053
東京都大田区蒲田本町2-4-2
アクシード蒲田本町5F

営業時間:土日曜祝日を除く9~18時
相続事例集

『遠い昔に作った預金口座は要注意?!』 ~申告漏れしやすい財産~

相続税の当初申告の後、お客様から、

「そういえば、昔作った通帳と、昔買った土地の権利証が出てきました。」

というお話をいただき、急きょ資料収集をし、修正申告書を提出したことがありました。
昔の記憶を便りに、お客様の方でいろいろ情報収集をしていたようです。

 

次に申告漏れしやすい財産を列挙しておきます。

  1. 遠い昔に買った不動産
  2. 昔に住んでいた場所で作った銀行口座
  3. 共有名義の銀行口座
  4. タンスの下から出てきた個人間の貸付証書・不動産の権利証
  5. 海外不動産
  6. 知人や同族会社への貸付金

 

ちなみに宝石等は、親が普段から身に付けていたり、きちんと保管していたりするので、申告漏れは少ないようです。

 

icon_f icon_t